ぎっくり腰予防のためのストレッチ方法

42歳女性 無職の方からの質問

数年に一度、腰痛が軽度なものであったのですが、30代後半に入ると、座ることができないほどの腰痛が頻繁に発生するようになりました。

それにもかかわらず、数日で回復し、腰痛から解放されることができました。

しかし、41歳頃から、腰痛が慢性的になり、最近ではぎっくり腰になり、一週間も寝たきりの状態になりました。

それ以来、慢性的な痛みが悪化しています。

整形外科に通っても、薬が処方されるだけで、根本的な改善が難しいため、整体に興味を持つようになりました。

骨に異常はないことがレントゲンで確認されていますが、腰痛の原因がどこにあるのかについて知りたいと思っています。

ちなみに、1日中PC作業を行っています。

また、ぎっくり腰になった際の対処法や、腰痛を予防するための方法についても知りたいです。

回答

PC作業の座りっぱなしの状態で背中から腰にかけての筋肉の硬直が引き起こしたいる原因なのかなと推測されます。

ぎっくり腰になった時は安静が一番ですが動ける範囲ではすこしは動かした方がいいと思います。

なりにくくするのは腸腰筋や背中の筋肉のストレッチでしょうね。

関連記事

  1. 慢性的な腰痛

  2. 長時間デスクワークで最近腰痛が酷い

    長時間デスクワークで最近腰痛が酷い

  3. 腰痛の種類により対処法が異なる

  4. 骨盤のずれによる腰痛、首の痛み

  5. 子どもを産んでから腰が痛む

    子どもを産んでから腰が痛む

  6. 腰や首が前のめりに